follow us in feedly  

2017年5月総資産と保有インデックスファンド

総資産(資産推移)

こんにちは!

当ブログ月末恒例企画の総資産(資産推移)と保有インデックスファンド(ポートフォリオ)の紹介となります。

インデックス投資歴7ヶ月の投資家が実際に保有しているインデックスファンドや、利回り(リターン)を公開しますのでこれから投資信託への投資や積立をお考えの方は参考にしてください。

直近3ヶ月の類似記事⬇︎

ここ最近はアメリカを中心とする先進国株式インデックスファンドに投資するスタイルが確立されてきました。
ポートフォリオにeMAXIS Slim先進国株式インデックスが加わりました。
こんにちは! 早くも4回目を迎えた月末恒例、「総資産」と「保有インデックスファンド」(ポートフォリオ)を発表する企画でございま...

それでは早速2017年5月31日時点の総資産(資産推移)と保有インデックスファンド(ポートフォリオ)を紹介していきます。(※数値は全て2017年5月31日時点)

総資産(資産推移)

総資産(資産推移)

積立金額(1万円×7ヶ月)→70,000円

評価額合計→72,058円

利回り(リターン)→+2.69%

毎月1万円の積立投資を始めてから7ヶ月連続で利回りがプラスとなりました。私が投資しているような手数料の安い先進国株式インデックスファンドに積立投資を行えば誰でも似たような結果が得れると思います。

インデックス投資面白そう!という直感に従ってインデックス投資を始めてよかったなと思うのと同時に、私と同じ20代中盤から後半の人も早いうちに始めた方がいいと思うようになりました。

早く始めた方が時間を味方にすることができるので、遅く始める人と比べると複利の恩恵をより長く受けることができるからです。

投資の意思決定を行う上で、「複利」の意味することの重要性を十分理解している人は、ほとんどいないと言ってもいい。かつてアインシュタイン博士は、複利の概念こそ「人類最大の数学的発明だ」と言っている。
(ウォール街のランダムウォーカー)より

保有銘柄(ポートフォリオ)

保有商品(ポートフォリオ)

画像に表示されているのは今現在私が保有している10のインデックスファンドですが、半分以上が年間手数料0.2%台のインデックスファンドです。購入時と解約時に手数料はかかりません。

投資信託(インデックスファンド)を選ぶにおいて最も大事なことは手数料の安い金融商品を選ぶことです。年間1%以上の手数料がかかる金融商品の99%はゴミクズだと思ってください。同様に購入時と解約時に手数料のかかる金融商品も、私は買う価値がないと思っています。

なぜなら、年間手数料税込0.2%前半で購入時や解約時に手数料のかからない優秀なインデックスファンドが存在するからで、投資する価値があるのはこのような低コストインデックスファンドです。

保有率の高い3つのインデックスファンド

ポートフォリオ

保有している10商品全て紹介されても混乱してしまうと思うので、その中から保有率の高い3つのインデックスファンドを紹介します。

トップ3のインデックスファンドは過去に当ブログで掘り下げて調べましたので、詳しくはそちらのページを参考にしてくだい。商品名の下にリンクを貼っておきます。

[1位]eMAXIS Slim先進国株式インデックス

こんにちは! 今回のブログでは2017年2月27日に開設されたばかりのeMAXIS Slime先進国株式インデックスについて簡...

[2位]iFree NYダウインデックス

[3位]ニッセイ外国株式インデックスファンド

こんにちは! 今回は、私が今現在最も積み立て投資を行っているおすすめ投資信託の「ニッセイ外国株式インデックスファンド」について...

まとめ

というわけで、月末恒例企画の総資産と保有インデックスファンドについて書き綴っていきました。どの辺が参考になりましたか?

私は日本株式には全く興味がないので、これからも先進国中心の投資スタイルを貫いていて、投資を始めてから1年連続プラス利回りの記録を作りたいなと思っています。(分かりやすい実績が欲しい)

以上、「2017年5月総資産と保有インデックスファンド」でした。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。またお会いしましょう!

シェアする

フォローする

follow us in feedly  
error: Content is protected !!