follow us in feedly  

2017年4月総資産と保有インデックスファンド

資産推移とポートフォリオ

こんにちは!

当ブログでは毎月月末に総資産(資産推移)と保有している全てのインデックスファンド(ポートフォリオ)を公開しています。

投資信託やインデックスファンドをこれから始めたいとお考えの方や、どのくらいのリターン(利回り)を得ることができるのか知りたい方の参考になればと思います。

– – – 関連記事ここから – – –

ポートフォリオにeMAXIS Slim先進国株式インデックスが加わりました。
こんにちは! 早くも4回目を迎えた月末恒例、「総資産」と「保有インデックスファンド」(ポートフォリオ)を発表する企画でございま...
2017年2月28日追記 - - - - -追記ここから - - - - - 2017年2月最新版更新 -...

– – – 関連記事ここまで – – –

それでは早速、現時点の総資産と保有インデックスファンド(ポートフォリオ)を紹介していきたいと思います。

※数値は全て2017年5月2日時点

総資産(資産推移)

2017年4月資産推移

積立投資金額→60,000円

評価額合計→61,444円

通算損益→+1,444円

利回り(リターン)→2.40%

毎月1万円をインデックスファンドに積立投資していますが、積立投資を始めてから6ヶ月の間は利回り(リターン)がずーっとプラスというビギナーズラックに恵まれています。

しかし、ビギナーズラックや投資先市場が伸びているという運の要素だけでなく、コストに敏感になり手数料の安いインデックスファンドを選定して投資している結果が、インデックス投資を始めてから負け知らずの理由です。

手数料の安いインデックスファンドに投資して長期保有(バイアンドホールド)すれば、投資歴60年の人でも6ヶ月の人でもお金を銀行口座に眠らせるより高い利回り(リターン)を得ることができると思っています。

小額の投資の場合、直接株式に投資すると手数料が割高になるため、ノーロード型の投資信託を選ぶのが賢明である。投資信託は利息を自動的に再投資してくれるし、配当やキャピタルゲインも再投資してくれる。
(ウォール街のランダムウォーカーより)

保有銘柄(ポートフォリオ)

2017年4月ポートフォリオ

画像に表示されている10のインデックスファンドを保有していますが、ほぼ全て手数料(運用管理費用)は年率0.3%以下で、購入手数料無料のインデックスファンドです。

これから投資を始めようという方にオススメのインデックスファンドは、購入時に手数料のかからない上に、年間の手数料が0.2~0.3%のインデックスファンドです。

それでは、保有銘柄(ポートフォリオ)を先進国株式、新興国株式、海外リード(不動産)、国内株式の順で、手数料の安い順番に紹介していきますね。

※信託報酬(運用手数料)は税込で4月30日時点の数値

丸印(◯)が付いてる2銘柄は1番最近積み立てたインデックスファンド

先進国株式インデックスファンド

◯eMAXIS Slim先進国株式インデックス
信託報酬=0.216%
構成比率=16.50%

ニッセイ外国株式インデックスファンド
信託報酬=0.216%
構成比率=20.02%

i Free外国株式インデックス
信託報酬=0.2268%
構成比率=5.10%

◯i Free NYダウインデックス
信託報酬=0.243%
構成比率=31.26%

たわらノーロード先進国株式(為替ヘッジあり)
信託報酬=0.243%
構成比率=1.77%

先進国株式構成比率合計→74.83%

新興国株式インデックスファンド

iFree新興国株式インデックス
信託報酬=0.3672%
構成比率=10.04%

EXE-i新興国株式ファンド
信託報酬=0.3904%
構成比率=6.87%

新興国株式構成比率合計→16.91%

海外リート(不動産)インデックスファンド

ニッセイグローバルリートインデックスファンド
信託報酬=0.2916%
構成比率=4.98%

三井住友DC外国リートインデックスファンド
信託報酬=0.3024%
構成比率=1.73%

海外リート(不動産)構成比率合計→6.71%

日本株式インデックスファンド

ニッセイTOPIXインデックスファンド
信託報酬=0.1944%
構成比率=1.73%

構成比率合計→1.73%

まとめ

というわけで、資産推移と保有銘柄(ポートフォリオ)を紹介していきました。

これからインデックス投資を始めようと思っている方や、インデックスファンドの利回り(リターン)ってどのくらいだろう?と、サンプルを探していた方の参考になりましたでしょうか?

ここ最近はアメリカを中心とする先進国株式インデックスファンドに投資するスタイルが確立されてきました。

これからもしばらくはアメリカ株式中心のインデックス投資を行ないブログに書いていきますので、その様子を見にまた遊びに来てください。

読者の皆さんのよき実験台になれるように頑張っていきます。

以上、「2017年4月総資産と保有インデックスファンド」でした。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。またお会いしましょう!

シェアする

フォローする

follow us in feedly  
error: Content is protected !!