follow us in feedly  

2016年11月総資産と保有インデックスファンド

総資産と保有インデックスファンド

11月25日に初めてのインデックスファンド積み立てを決行してから早くも1ヶ月が経とうとしています。

積み立てたばかりで変動は少ないと思いますが、11月末日での総資産を確認してみましょう。

2016年11月総資産

合計で11月25日に10,000円分インデックスファンドに積み立てたわけですが、11月末日時点での総資産は10,250円で+2.5%という結果でした。

ビギナーズラック?トランプが大統領に選ばれてからの勢いが凄かったですね。今でも円安株高に一直線に進んでいます。

ドルコスト平均法とバイアンドホールドの投資戦略を軸にしたいので、余力金のみインデックスファンドに積み立てていきます。生活資金を投資に回そうとは思いません。

保有インデックスファンド

  1. 国内株式
  2. 外国株式
  3. 新興国株式
  4. 外国REIT(不動産)
  5. おまけ(プレゼント)

※信託報酬は全て税込(2016/12/17時点)

1. 国内株式

国内株式で保有しているたった1つのインデックスファンド。12月も引き続き国内株式信託報酬の最安値をキープしてたら積み立てます。

ニッセイTOPIXインデックスファンド
信託報酬=0.1944%

2. 外国株式

私のポートフォリオ最大派閥で4銘柄

ニッセイ外国株式インデックスファンド
信託報酬=0.216%

iFree 外国株式インデックス
信託報酬=0.2268%

iFree NYダウ・インデックス
信託報酬=0.243%

たわらノーロード先進国株式(為替ヘッジあり)
信託報酬=0.243%

なぜ信託報酬が1番安い銘柄を集中して買わないのかと疑問に思ったあなたはスマートですね。

それぞれ投資先(対応している指標)が微妙に違うという風に解釈してください。指標としている対象が4つ全て異なり、それぞれ信託報酬最安値インデックスファンドです。

3. 新興国株式

新興国株式のインデックスファンドは信託報酬が高い。0.4%以下で4~5銘柄買えるのが理想なんだけど、今の信託報酬だと外国株式の方を買っちゃう。

iFree新興国株式インデックス
信託報酬=0.3672%

EXE-i新興国ファンド
信託報酬=0.3904%

4. 外国REIT(不動産)

不動産は合計2つで両方とも海外のインデックスファンドを保有中。

ニッセイグローバルリートインデックスファンド
信託報酬=0.2916%

三井住友・DC外国リートインデックス
信託報酬=0.3024%

5. おまけ(プレゼント)

楽天証券で口座開設した時にキャンペーンでプレゼントされた銘柄。タダでもらって文句言うけど、信託報酬高過ぎ。oops

私の乏しい理解力では、法外に高い信託報酬の投資信託を売っていることに対して、詐欺師とどこが違うのかよくわかりません。

三井住友グローバルリートオープン
信託報酬=1.7172%

PS

インデックスファンドの醍醐味は放置してても複利の力で資産が少しずつ増えていくこと。のんびりやの性格に合った投資方法に出会えて本当に良かった🎅

シェアする

フォローする

follow us in feedly  
error: Content is protected !!