follow us in feedly 

【28冊目】ビットコインはどのようにして動いているのか?(大石哲之)

ビットコインはどのようにして動いているのか?(大石哲之)

「ビットコインはそもそも最も基本的なレベルで、コンピューターサイエンス(計算機科学)におけるブレイクスルーである。世界中の何千もの研究家たちによる、暗号学に関する40年の研究と、暗号型の通貨に関する20年の研究の成果である」

ビットコインは通貨そのものではなく、アルゴリズムの発明として発表されました。

「ビザンチン将軍問題」という難問の解決策として仮想通貨に応用されたのがビットコインです。

ビザンチン将軍問題とは

ビザンチン将軍問題

ビザンチン将軍問題の解説はWikipediaの方が分かりやすいので、Wikipediaをご覧ください。

【問題】の項目を読むだけで感の鋭い方はビットコインに応用されているアルゴリズムが想像できるのではないでしょうか。

中央機関の存在なしにどのようにして1つの正しい合意を得るか?その答えがビットコインで応用されている仕組みです。

ビザンチン将軍問題(Wikipedia)⬇︎

マイニング(採掘)

マイニング(採掘)

マイニングとはビットコインを維持する仕組みの1つで、パソコンの計算能力を提供する見返りにビットコインが発行されます。

計算能力が高いほど多くのビットコインを受け取ることができるので、電気代の安い国にはマイニングを柱とする企業も存在します。

私もこの記事を書いているパソコンでマイニングに挑みましたが、1日で数円の見返りしか受けることができませんでした。笑

フリーソフトをダウンロードしてメールアドレスとパスワードを設定するだけでマイニング体験できますが、それで利益を得るのは大変そうです。

高性能のパソコンをお持ちの方は無料なので挑戦してみてください。Download & Start Miningをクリックするとフリーソフトのダウンロードが始まります→(Miner Gate)

まとめ

Bitcoin

「ビザンチン将軍問題」を解決して応用したアルゴリズムがビットコインに仕組まれている、ということがわかりました。

「ビットコインはどのようにして動いているのか?」を読んだおかげで、ビットコインの理解を深めていかなくてはという気持ちになりました。

今後はこのアルゴリズムがビットコイン以外にも証券や不動産、音楽という幅広い分野で浸透していくことが予想されているからです。

事実、ビットコインの仕組みにプラスαした「イーサリアム(ETH)」という暗号通貨がアメリカを中心に浸透し始めています。

このような新しい技術についていけるよう脳をアップデートして、投資機会があれば逃さない知識を付けるように頑張ります。

シェアする

フォローする

follow us in feedly 
error: Content is protected !!