follow us in feedly  

【16冊目】お父さんが教える13歳からの金融入門(デヴィッド・ビアンキ)

お父さんが教える 13歳からの金融入門

これからずっと先、成功していくために必要な金融のスキルを、学校ではなにも教えてくれない。学校以外のところで、それを全部学ばなければならないんだ。
(お父さんが教える13歳からの金融入門)より

こんにちは!

金融のことについて広く情報を網羅できる本が読みたい」と思っているときに偶然見つけたのが「お父さんが教える13歳からの金融入門」でした。

13歳の息子を持つ弁護士のお父さんが、息子に「学校では教えてくれないお金投資の仕組み」を教えようとしたのがきっかけで生まれた1冊です。

お金の仕組みや投資の基本は、学校でも家庭でもほとんど教えられていません。大人になって金融業界に就職して初めて学ぶ、あるいは、一生知らずに過ごす、という人も少なくないのではないでしょうか。
本書は、これを憂えた弁護士の著者が13歳の息子に書いた数ページが元になって生まれた1冊。
→(Amazon内容紹介)より

この本を読んだことがきっかけで「アメリカ中央銀行制度FRB」や、我々一般投資家が全く気づかない間に株式売買を行う「超高速取引」に興味を持ち、掘り下げてみたいという気持ちになりました。

13歳の息子でもわかるように、専門用語をなるべく使用しない易しい言葉で書かれています。

20代中盤の私が読んでも、上記に書いたような「知らなかったこと」が多くあり、とても勉強になりました。

専門用語を多用せず、易しい言葉に置き換えられているので、「お金や金融のことを幅広く勉強したい」と考えている方には非常におすすめです。

例えばBitcoinについて

このところの金融ニュースに注意していれば、おそらく「ビットコイン(Bitcoin)」についていろいろな話を聞いているだろう。でも、ビットコインっていったいなんだろう?
(お父さんが教える13歳からの金融入門)より

私も先日ビットコインの口座を開設しましたが、口座を開設するまではBitcoinのことは全く知りませんでした。

仮想通貨」ということを耳にしていた程度ですが、【ビットフライヤー】でBitcoinをクレジットカードで積立できると知り、「やってみよう」と思ったのがきっかけです。

毎月1,000円くらいBitcoinに積み立てたら話のネタになりますし、「Bitcoin知ってます」と「Bitcoin積み立ててます」では、話の広がり方に差ができると思い開設しました。

お父さんが教える13歳からの金融入門」を読むと、Bitcoinの基本的なことについて勉強できます。

世界最大の証券取引所

世界最大級(時価総額)の証券取引所はアメリカの「ニューヨーク証券取引所」です。

ニューヨーク証券取引所に上場している企業に投資できる投資信託も数多くあり、私が投資しているのは「iFree・NYダウインデックス」です。

年率手数料0.243%という低コストで世界最大の証券取引所に上場している企業に投資できるので、詳しく知りたい方は「iFree・NYダウインデックス」についてまとめた記事をご覧ください。

ところで、日本の「東京証券取引所」は世界で何番目の規模だと思いますか?

お父さんが教える13歳からの金融入門」を読むと、東京証券取引所を含む、世界中の有名な証券取引所について勉強することができます。

衝撃的すぎて言葉を失った超高速取引とは

このところ、すごく注目されているのが、「超高速取引(HFT:High-Frequency Trading)」だ。前からあったんだけど、一般的にはあまり知られていない。
(お父さんが教える13歳からの金融入門)より

超高速取引」についての項目を読んだとき、「そんなことが行われているのか!!!!」と、衝撃的すぎて唖然としました。

一般投資家が疑問に思うことすらなく、この瞬間も「超高速取引」は行われていると思うと、「すごい」という言葉しかでてこないです。

超高速取引」について書かれている本をAmazonで探しても、「フラッシュ・ボーイズ 10億分の1秒の男たち」しか見つかりません。

超高速取引」の項目は、「お父さんが教える13歳からの金融入門」で私が最も興奮した部分でした。

インデックスファンドとは

 インデックス・ファンド  個別の会社をきめ細かく調査して、いちばん有望な株を買うのが、いちばんおカネが儲かると考える投資家もいる。
でも、いちばんいい株を探し出すのはほぼ不可能だから、インデックス・ファンド(index fund)を買ったほうがいいと考える投資家もいる。
インデックス・ファンドっていうのは、たくさんの投資家から集めたおカネで、特定の株式指標とまったく同じ銘柄を買うファンドだ。

(お父さんが教える13歳からの金融入門)より

お父さんが教える13歳からの金融入門」を読むと、当ブログでも推している「インデックス投資」についても勉強することができます。

おすすめインデックスファンド」については、初心者にオススメのインデックスファンドをまとめた下記記事をご覧ください。

先進国株式(20カ国以上)を税込0.216%で保有できる時代なう。

「あなたが今まで読んだ本の中でインデックスファンド初心者にオススメの本を1冊選んで教えてください」と言われたら、「全面改訂 ほったらかし投資術 (朝日新書)」を選びます。

この本は、私がインデックスファンドの勉強を始めた頃に1番最初に読んだ1冊なのですが、「投資は500円、1,000円から始められる」ことや、「インデックス投資を行う上での心構え」など、初歩的なことを教えてくれた易しい手引きの本でした。

長期保有なら債券より株式の方が高利回り

多くの人は株と債券の両方に投資したほうがいいと考えている(バランス型ポートフォリオと言うんだ)。だけど長い目で見ると、株の配当を再投資し続けたほうが、債券を所有するよりも高いリターンを得られることが証明されている。
(お父さんが教える13歳からの金融入門)より

長期保有を前提とした投資を考えていて、しばらく売る予定のない人は、「債券よりも株式」に投資した方が高いリターンを得られるということです。

ここでいう株式とは、「個別銘柄」や、「株式に投資する投資信託(インデックスファンド)」のことを意味しています。

今現在の私のポートフォリオは下記の通りですが、「債券に投資しようかな」と思ったことはあっても、「債券に投資したこと」は1度もありません。

より高いリターンを期待できる株式に投資する方が、「好き」だからです。

もしかしたら今後痛い目にあうかもしれませんが、投資を始めてから今日まで毎月+リターンなので、これからも私に合った投資スタイルを追い続けるつもりです。

こんにちは! 早くも4回目を迎えた月末恒例、「総資産」と「保有インデックスファンド」(ポートフォリオ)を発表する企画でございま...

複利について

金融の世界で、複利(compound interest)っていうのはものすごく大切なことだ。これは忘れちゃいけないよ。何度も何度も頭に刻み込んでほしい。複利、複利、複利ってね。
(お父さんが教える13歳からの金融入門)より

「複利ってなに?」「複利とは?」

アインシュタイン博士が「人類最大の発見は複利である」という言葉を残した程に強力な力を持つ「複利」のことも、「お父さんが教える13歳からの金融入門」で学べます。

オマハの賢人・ウォーレンバレット

 投資の話題になると、世界でいちばん有名なのは(純資産が500億ドルで、世界一の金持ちのひとりでもある)ウォーレン・バフェットだ。
バフェットは「オマハの賢人(The “Oracle of Omaha”)」とも呼ばれている。
(お父さんが教える13歳からの金融入門)より

15冊目に読んだ「1分間バフェット (1分間シリーズ)」で「ウォーレンバフェット」の人柄と投資方法を知ることができたので、勝手に親近感を抱いていました。

なので、16冊目の「お父さんが教える13歳からの金融入門」でウォーレンバフェットが登場したときは素直に嬉しかったです。

株と債券を組み合わせた「バランス型ポートフォリオ」を組んでいる年金もあるけれど、彼は債券にはまったく投資していない。なぜなら、「歴史的に、債券よりも株式のほうが長期的なリターンは高い」からだそうだ。
(お父さんが教える13歳からの金融入門)より

引退に備える

「引退」っていうのは、働くのをやめることで、それができるのは生活を支えるだけのおカネを貯めたときか、引退後になんらかのおカネが引き続き入ってくるようなときだ。
(お父さんが教える13歳からの金融入門)より

私の父は今年で68歳になりましたが、未だに現役で働いています。

父は好きなことを仕事にしている典型的な人物で、休みの日も仕事に関することを行なっているのを、私が子供のときから見てきました。

ふと、そんな父でも「潮時を考えているんだろうな」と思うことがあり、それ以来「引退」ということが他人事ではなくなり、私自身に置き換えて考えるようになりました。

もしかすると、そのような潜在的なことがきっかけで、「お金に関する知識を身につけるために勉強しよう」と、当ブログを立ち上げたのかもしれません。

いずれにせよ、「早い段階から引退を意識した行動」をしていきたいと、強く思うようになってきています。

私には、どうしても「頭から離れていかない言葉」があります。

それは、私が2冊目に読んだ「ウォール街のランダム・ウォーカー〈原著第11版〉 ―株式投資の不滅の真理」に書かれていた言葉なのですが、紹介させていただきます。

死ぬよりも惨めなことは、貯えを使い果たした後も、生き続けなければならないことなのだ。そして専門家の予想によれば、団塊の世代に生まれた人々のうち、少なくとも100万人は、少なくとも100歳までは生きるということだ。
(ウォール街のランダムウォーカー)より

老後をより楽しく過ごすこともそうですが、「お金に困らない人生を送りたい」と潜伏していた気持ちが爆発して、ブログを立ち上げてお金の勉強を始めたのかもしれないです。

まとめとこれから

2017年はFP技能検定(ファイナンシャルプランナー)を受験して、2級に合格することを目標にしています。

2017年は試験が2回あるので受ける級については少し悩みましたが、3級→2級と、順を追って受けていくことを決めました。

お金に関する知識は一朝一夕に身につくものではないと思いますが、これからも少しずつ勉強して学んでいこうと思います。

以上、「【16冊目】お父さんが教える13歳からの金融入門(デヴィッド・ビアンキ)」を読んだ感想でした。

またお会いしましょう!

シェアする

フォローする

follow us in feedly  
error: Content is protected !!