follow us in feedly  

第7回インデックスファンド積立2017年5月(1万円)

インデックス積立

こんにちは!

当ブログでは毎月1度行っているインデックスファンド積立の様子をブログに書き起こしています。

過去の積立投資の様子はこちらから⬇︎

初めてインデックス積立を行なってから今日までの約7ヶ月間のリターン(利回り)は+2.93%でした。参考までにスクショ画像を下に貼っておきます。

スクショ画像の通り、私は投資信託(インデックスファンド)以外の投資は全く行なっていません。リターン(利回り)+2.93%という数字は全て投資信託の積立投資によるものです。

インデックスファンド利回り

ではインデックス投資家はどのような投資信託(インデックスファンド)に投資しているのか?2017年5月のインデックス投資の様子を早速紹介していきます。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

アメリカ株式に約65%、イギリス、フランス、ドイツ、カナダ、スイス、オーストラリア株式に合わせて約25%に投資しているeMAXIS Slim 先進国株式インデックスに3ヶ月連続の積立投資を行いました。

ちなみに今回は「もしたった一つのインデックスファンドを厳選して投資しろ」と言われたらどれに投資しようという、ふとした疑問に対する私なりの答えでもあります。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックスとは?⬇︎

こんにちは! 今回のブログでは2017年2月27日に開設されたばかりのeMAXIS Slime先進国株式インデックスについて簡...

先進国株式に投資をしているインデックスファンドですが、特にアメリカ株式に多くを投じていることに加えて手数料(信託報酬)が年間0.216%(税込)と激安なことが決め手です。

投資信託は短期で利益を出す金融商品ではなく、5年、10年と長期保有(バイアンドホールド)して利益を出すものなので、手数料は安いに越したことはありません。

ですから、購入時に手数料のかかるような投資信託や、信託報酬が1%を超えるような投資信託はオススメできません。

まとめ

インデックス投資

今回は今までに例のない、数あるインデックスファンドの中から一つに絞って積立投資を行いました。

ここだけの話、iFree NYダウインデックスと迷ったのですが、手数料が安い分だけ長期保有に有利と考えてeMAXIS Slim 先進国株式インデックスを選びました。

インデックス投資

以上、「第7回インデックスファンド積立2017年5月(1万円)」でした。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。またお会いしましょう!

シェアする

フォローする

follow us in feedly  
error: Content is protected !!