follow us in feedly  

第4回インデックスファンド積立2017年2月(1万円)

第4回インデックス積立

インデックスファンドとは?

投資の勉強を始めてから早くも4ヶ月が経ちます。

投資のことを学ぶために「実際に投資してみよう」と思い、始めた毎月のインデックスファンド積立4回目を迎えました。

過去に積立投資したインデックスファンドではどのような資産運用をしているのか?

保有しているインデックスファンドの中から4銘柄を選び、調べたのはつい最近です。

– – – – – 調査記事 – – – – –

iFree・NYダウインデックスについて調べてみた

ニッセイ外国株式インデックスファンドについて調べてみた

こんにちは! 今回は、私が今現在最も積み立て投資を行っているおすすめ投資信託の「ニッセイ外国株式インデックスファンド」について...

EXE-i新興国株式ファンドについて調べてみた

EXE-i新興国株式ファンドは投資信託に投資している投資信託

iFree新興国株式インデックス

– – – – – 調査記事 – – – – –

そして調べた4つのインデックスファンドの中から、投資国手数料個別銘柄を参考にして選んだ2つの投資信託を2017225日に積み立てることにしました。

それでは早速、今月末に積み立てる2つのインデックスファンドを紹介したいと思います。

– – – – – 類似記事 – – – – –

第1回インデックスファンド積立

第2回インデックスファンド積立

第3回インデックスファンド積立

ニッセイさん...「最高かよ!」←結論

– – – – – 類似記事 – – – – –

インデックスファンド積立

インデックスファンド積立2017年2月

ニッセイ外国株式インデックスファンド

積立金額は5,000

購入手数料無料でアップルマイクロソフトアマゾンなどの先進国株式に投資できて、運用手数料も年間で0.216%(税込)という、「手数料の安さ」が決め手で選びました。

解約手数料も無料なので、10年間保有して解約しても手数料はたったの2.16%です。

iFree・NYダウインデックス

積立金額は5,000

購入手数料無料で、ゴールドマンサックスアイビーエムスリーエムなど、アメリカの株式に100%投資している「アメリカ一極集中」が決め手で選びました。

解約手数料も無料で、年率手数料0.243%(税込)という安さも魅力的です。

過去3ヶ月のリターン(利回り)

過去3ヶ月のリターン

過去3ヶ月のリターン

初めて積立投資をした20161125日から2017222日までの約3ヶ月間のリターン(利回り)は+3.99%でした。

まだ3ヶ月ですが、3年、5年、10年と経てばアインシュタイン博士が「人類最大の数学的発明」と言った「複利」の恩恵を大いに受けれると信じて、コツコツ積立を続けます。

ブログの最後に、アインシュタイン博士が「人類最大の数学的発明」と言った「複利」にまつわる話を紹介させてください。

 一六二六年にマンハッタン島をたった二四ドルで手放したアメリカ先住民は、白人に騙されたということになっている。

 しかし、投資の観点から見れば、先住民は本当はきわめて有能な商売人であったのかもしれない。

 というのは、もし彼らがその二四ドルを六%の金利がつく預金口座で運用したと仮定すると、半年複利で計算したその現在価値は、何と一〇〇〇億ドル以上になっているはずなのだ。

 そのお金で彼らの子孫たちは、すっかり開発されたマンハッタン島の大部分を買い戻すことができる。

これがまさに複利の威力なのである。

(ウォール街のランダムウォーカー)より

以上、「4回目のインデックスファンド積立をした話」でした。

またお会いしましょう!

シェアする

フォローする

follow us in feedly  
error: Content is protected !!