follow us in feedly  

第2回インデックスファンド積立2016年12月(1万円)

第2回インデックスファンド積立2016年12月(1万円)

11月に1回目のインデックスファンド積立をしてから1ヶ月が経ちました。年の瀬になると時間の経過に拍車がかかったように感じます。

さて、当ブログでは毎月インデックスファンドに積立を行なっている様子を記事にしています。2回目の今回は5つのインデックスファンドに2,000円ずつを積み立てました。

早速、2016年12月に積み立てたインデックスファンドを発表していこうと思います。

第2回インデックスファンド積立

第2回インデックスファンド積立2016年12月(1万円)

第2回インデックスファンド積立2016年12月(1万円)

先進国株式インデックスファンド

ニッセイ 外国株式インデックスファンド
信託報酬=0.216%

iFree 外国株式インデックス
信託報酬=0.2268%

iFree NYダウ・インデックス
信託報酬=0.243%

(信託報酬の安い順)

新興国株式インデックスファンド

iFree 新興国株式インデックス
信託報酬=0.3672%

海外REIT(不動産)インデックスファンド

ニッセイ グローバルリートインデックスファンド
信託報酬=0.2916%

(※)信託報酬は全て税込

まとめ

ご覧のように、今回積み立てた全てのインデックスファンドの信託報酬(手数料)は0.4%以下でした。

今のところ解約(売る)する予定はなく、バイアンドホールド(長期保有)を考えています。

得をしているときも損をしているときも必ず支払う必要のある信託報酬(手数料)は安いに越したことはないですから、今回積み立てたようなインデックスファンドを選ぶ形になりました。

新興国株式インデックスファンドの課題

新興国株式インデックスファンドの信託報酬(手数料)が総じて高い。

これを下げるために私ができる微々たることは、信託報酬最安値の新興国株式インデックスファンドのみ選んで積み立てることか、新興国インデックスファンドは買わないこと。

インデックスファンド間の競争を促して、手数料が下がるのを待つことしかできません。

シェアする

フォローする

follow us in feedly  
error: Content is protected !!