follow us in feedly  

【21冊目】インベスターZ(13~16巻)三田紀房

インベスターZ(13)

こんにちは!

インベスターZを読み進めています。今回は13巻から16巻までを読みました。

内容は不動産生命保険について。35年ローンは吉か否か。生命保険に加入する必要はあるのかどうか。自分の意見を持つことが大切だと思います。

私は35年ローンという名の借金を背負って家を買うことに関しては反対の立場です。(金利1%未満なら別)。そのお金で投資をします。生命保険は、結婚していないし子供もいないので入る必要ない、という意見です。

あなたは家の購入と生命保険についてどのような考えをお持ちですか?

インベスターZ(1~4巻)⬇︎

側から見るとドライな合理的考え方が好きな方はインベスターZに出てくる登場人物の発言に共感できると思います。

インベスターZ(5~8巻)⬇︎

縁起がいい?インベスターZを読み始めてから投資利回り(リターン)が4%を超えました。

インベスターZ(9~12巻)⬇︎

漫画とはいえ侮れません。投資について学べることは数多くあります。

インベスターZ13巻

投資はギャンブル!マネーゲーム!だから面白い!面白いからやる!

お金を増やすことを目的に投資をする場合は全てギャンブルなのかもしれませんね。毎月インデックス積立を行なっていますが、これもギャンブルと言われたら正直否定することは難しいです。

以前私は、資産1億円作るRPGをやっていて、その様子をこのブログを通じて紹介しているという旨の言葉を書きましたが、インベスターZではRPGではなくマネーゲームとして言葉に表されていました。

当ブログのタイトル通り資産1億円を目指しています。お金を投資してリターンを上げるのはめちゃくちゃ面白いという感覚がわかってきましたが、はたから見ればギャンブルなのかもしれませんね。投資を人に勧めるのは難しい。。

インベスターZ14巻

35年も借金に縛られるんだぞ。考えただけでゾっとする。
そもそも何十年先の未来なんて全く予測不可能なのにローンを組んで自分の人生設計を固定化するなんて頭がいいとは思えない。

投資部存続をかけた2戦目は不動産勝負。14巻は不動産に関する情報が今までで最も登場してきました。日本人が大好きな夢のマイホームの話です。

借金をしてでも家を買うのは論理的なのか、という議題に沿って話が進む場面は興味深かった。3,500万円の家を35年ローンで固定金利3%で借りた場合支払う金額は2倍弱にもなる。

35年かけて6,000万円を支払い続けて家はあっても貯金はない状態より、家は賃貸で住んで余裕のあるお金を投資に回した方がはるかにリッチな老後を過ごせるという主人公財前の意見に同意です。

インベスターZ15巻

今最新でピカピカの旬の街は開発が終わったところ。投資する意味がない。
投資するならこれから開発されて伸びるところ!再生されて新しい魅力が生まれるところ!

14巻からの不動産バトルが15巻で完結します。主人公財前とライバルが用意された5,000万円で東京23区内の不動産を買うこと。期限は翌日16時まで。

主人公財前のライバルはまだ開発されていない東京都足立区綾瀬に勝機を見出しました。一方の主人公財前は東京都渋谷区にある名門私立小学校のすぐ横の不動産を7,000万円から5,000万円に値切る交渉を成功させて購入。

果たして勝負の行方はどうなったのでしょうか?不動産は同じものが二つとない極めて主観的なものである。不動産対決完全決着!

インベスターZ16巻

日本国内における生命保険の世帯加入率はなんと9割。
一世帯あたりの平均支払金額は年間約40万円!
市場規模は40兆円に及び日本は世界屈指の保険大国!

インベスターZ16巻では生命保険について掘り下げられています。中でも保険会社が儲かる仕組みと、死差益と利差益についてが勉強になりました。保険会社は儲かるわけだわ。

保険会社は料金を前払いでもらうので元手が多くある。その無利子の調達コストゼロの資金で資産運用するのに加えて死差益と利差益で利益を上げていく仕組み。めちゃくちゃ考えられてるなあ。

SUICAやnanaco、年間パスポートや回数券も代金前払いのビジネスですよね。月末締めの翌々月末払いというシステムも珍しくない中、代金前払いは最強のビジネス。腑に落ちてスッキリしました。

まとめ

というわけでインベスターZを読み終えて各巻印象に残っている言葉と感想をまとめました。

繰り返しになりますが、100人いれば100通りの意見があると思います。私もあなたの意見を尊重します。

大事なことは自分の考えを持っているかどうか。裏付けがあるとなおいいですね。

投資に正解はありません。自分の考えをどれだけ突き詰めることができるかが大切だと思います。そして、目標に向かって進むこと。私なら資産1億円を形成することが今の一つの目標です。

投資はそのための手段なので、試行錯誤しながら利回りを高めることに努めるし、1日でも早く資産1億円を貯めるゲームをクリアしたいと思っています。

以上、「【21冊目】インベスターZ(13~16巻)三田紀房」でした。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。またお会いしましょう!

シェアする

フォローする

follow us in feedly  
error: Content is protected !!