follow us in feedly  

【注意点】楽天スーパーポイントで投資信託が買える?

注意点

こんにちは!

2017年8月26日より、あなたの保有している楽天スーパーポイントを、投資信託の購入代金に充てることが可能になる「投資信託ポイント買付サービス」がスタートします。

ポイントを投資金に利用できる新しい制度を作った楽天は、一歩目を踏み出した点では素晴らしいと思いますが、同時にまだまだ改善の余地が多くある制度です。

今回のブログでは、投資信託ポイント買付サービスのことについて触れると共に、同サービスの注意点についてご案内していこうと思います。

楽天スーパーポイント利用上限

楽天スーパーポイント利用上限

利用できる楽天スーパーポイントには上限が設けられています。

1回の注文で利用できる楽天スーパーポイントは30,000ポイント、そして1ヶ月に利用できる楽天スーパーポイントの上限は100,000ポイントです。

1ヶ月の上限が100,000ポイントなので、1年間では1,200,000ポイントが投資信託ポイント買付サービスの上限ということになりますね。

ポイント利用単位

ポイント利用単位

楽天スーパーポイントを利用して1ポイント1円から投資信託に投資することができますが、楽天証券は最小買付単位を設けているので、それに従う必要があります。

楽天証券が設けている最小買付単位は100円なので、楽天スーパーポイントだけを利用して投資信託を購入する場合にも、最低100ポイントが必要になります。

100ポイント以上は1円単位で使用することができるので、101ポイント、150ポイント、200ポイントという風に、1回の注文で最低100ポイントから最大30,000ポイントまで自由にアレンジすることが可能です。

対象サービス

対象サービス

投資信託ポイント買付サービスを用いて投資信託を購入する場合に利用できるサービスは、通常買付に限られています。

つまり、ある投資信託を、〇〇〇円で購入します、という風に金額指定して買い付けする場合に限り、楽天スーパーポイントを利用することが可能です。

毎月の積立投資の資金に充てることや、NISA口座で買い付けするサービスは今の所発表されていないので、今後の改善に期待しましょう。

対象ポイント

対象ポイント

あなたの保有している楽天スーパーポイントですが、その全てを投資信託ポイント買付サービスに利用できるとは限りません。

というのも、上の画像の通り、投資信託ポイント買付サービスで使用できる楽天スーパーポイントは、主に通常ポイントにより得られた楽天スーパーポイントに限られているためです。

期間限定ポイントや、他ポイントから交換したポイントを利用して、投資信託の投資資金に回すことは現状できません。(個人的にこの制限はとても残念に感じましたが、今後の改善に期待しています。)

まとめ

ファーストペンギン

というわけで今回は、楽天が始めた投資信託ポイント買付サービスについて、注意点を交えながら触れさせていただきました。

楽天証券と楽天銀行を使用していて、楽天スーパーポイントの恩恵を受けている1ユーザーとして、これから改善して欲しい点はありますが、ポイントで金融商品を購入できる仕組みをスタートさせた意味は大きいと感じています。

2017年はポイント買付サービス1年目ですので、これから更にユーザー目線に立って、使いやすいサービスに進化させて欲しいと感じています。(期間限定ポイントでも買い付けできるようにして欲しい等)

楽天ポイントが沢山貯まる楽天カードもありますので、興味のある方は楽天カード公式ホームページをご覧ください。このカードのいいところは、年会費と入会手数料が無料+入会でポイントを貰えるところです。→(楽天スーパーポイントプレゼント!)

以上、「【注意点】楽天スーパーポイントで投資信託が買える?」でした。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。またお会いしましょう!

シェアする

フォローする

follow us in feedly  
error: Content is protected !!