follow us in feedly  

【8冊目】永遠の旅行者(上)(橘玲)

永遠の旅行者(上)橘玲

7冊目に読んだ橘玲さん著「お金持ちになれる黄金の羽の拾い方2015〜人生設計のすすめ〜」が面白かったので、引き続き橘玲さんの本を選びました。

お金持になるための近道が描かれている作品で、1億円貯めるのに10年以上の差がつく現実的なテクニックが書かれています。気になる方は下記URLよりご覧ください。

前置きが長くなり申し訳ございません。ここからが8冊目「永遠の旅行者(上)」についての感想となりますが、続編が気になりブログを短く切り上げることを先にお詫び申し上げます。

当ブログを運営している目的である「金融投資知識を高めていくこと」に則り、金融や経済、投資に関する本を読んできたのですが、8冊目にして初の小説。

LINE役員の田端信太朗さんが先生と呼ぶ程に著者の橘玲さんが金融界に明るいこと、アマゾンKindleがセール中で手軽な料金で購入できることがこの本を選んだ理由です。

永遠の旅行者(上)

永遠の旅行者

小説の主人公はハワイの離島を活動拠点にしている元弁護士。税法に詳しいので世界中から彼目当てにハワイへやってきますが、ある特別なミッションを受けて状況は一変。

ミッション

  1. 16歳になる孫娘に財産をすべて譲ること
  2. 日本国に1円の税金も納めないこと

20億円とされる依頼人の資産を巡って、各人の欲が生々しくぶつかり合う。お金って怖い。

PS

アマゾンレビュー上巻よりも下巻の方が高評価

シェアする

フォローする

follow us in feedly  
error: Content is protected !!