follow us in feedly 

3年利回り8.10%!ニッセイ外国株式インデックスファンド最新月次レポート

ニッセイ外国株式インデックスファンド

こんにちは!

今回のブログではニッセイ外国株式インデックスファンドの最新月次レポートを覗いてみようと思います。気になる利回りの紹介もしていきますよ。

ニッセイ外国株式インデックスファンドはインデックス投資家で知らない人はいないと言っても過言ではないほど有名なインデックスファンドです。

ニッセイ外国株式インデックスファンドとは⬇︎

こんにちは!今回は、私が今現在最も積み立て投資を行っているおすすめ投資信託の「ニッセイ外国株式インデックスファンド」について...

利回り(リターン)

ニッセイ外国株式インデックスファンド利回り

ニッセイ外国株式インデックスファンドの6ヶ月利回りは14.34%、1年利回りは18.97%、3年利回りは8.10%となっております。

当ファンドは開設されてから5年未満のため、5年利回りの発表は行われていません。ちなみに開設日は2012年12月10日です。

純資産総額

純資産総額

ニッセイ外国株式インデックスファンドの純資産総額は503億円と発表されました。1年前は約250億円でしたので、1年間で約2倍に増えたことになります。

500億円突破したのはファンド開設から約4年半ということですね。この4年半という数値を目安にeMAXIS Slim先進国株式インデックスには500億円を突破してもらいたい。

ニッセイ外国株式インデックスファンドは積極的に信託報酬(手数料)の引き下げを行い、投資家に還元してきた実績を持つ優良ファンドです。そのファンドでも4年半かかったという事実と向き合っていただき、お金を預かる以上は企業努力を続けて欲しいですね。

(eMAXIS Slim先進国株式インデックスは純資産総額500億円以上になると信託報酬が下がり、投資家に還元される仕組みになっている。)

eMAXIS Slim先進国株式インデックスとは⬇︎

こんにちは!今回のブログでは2017年2月27日に開設されたばかりのeMAXIS Slime先進国株式インデックスについて簡...

eMAXIS Slim先進国株式インデックス最新レポート⬇︎

購入時と解約時の手数料無料で年間たったの0.216%しか手数料がかからない上に配当金を自動で無料で再投資してくれる?#嘘のような本当の話

組み入れ上位10銘柄

組み入れ上位10銘柄

ニッセイ外国株式インデックスファンドの主な投資先はアメリカ企業です。また、投資国で見ると、約65%がアメリカに投資されています。(2位のイギリスは7.3%)

アメリカを拠点に世界を代表する企業が並んでいますね。アップル2.4%、マイクロソフト1.5%、アマゾンドットコム1.2%、フェイスブック1.1%、ジョンソンエンドジョンソン1.0%、エクソンモービル1.0%と、ここまでが1%以上を占めている会社です。

仮に100万円投資したとすると、24,000円がアップル、15,000円がマイクロソフト、12,000円がアマゾンドットコム、11,000円がフェイスブック、10,000円がジョンソンエンドジョンソンとエクソンモービルへ投資されていることになりますね。

はっきり言って、投資先として文句のつけようがないと私は思います。

まとめ

ニッセイ外国株式インデックス

というわけで、ニッセイ外国株式インデックスファンドの最新月次レポートをご紹介させていただきました。

上の画像のように購入時や解約時の手数料は無料です。信託報酬(手数料)も税込0.216%のみと低コストインデックスファンドのお手本のようなインデックスファンドですね。100万円あたり年間2,160円と考えると、どれだけ安いかわかります。

現状、先進国株式インデックスはニッセイ外国株式インデックスファンドとeMAXIS Slimインデックスの双璧だと思っています。私のポートフォリオもこの二つが大半を占めているので、投資信託の銘柄選びで迷ったらこの二つからお選びいただくことをおすすめします。

私の最新ポートフォリオ⬇︎

【祝】毎月1万円の積立投資を始めてから7ヶ月連続で利回りがプラスとなりました。

以上、「3年利回り8.10%!ニッセイ外国株式インデックスファンド最新月次レポート」でした。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。またお会いしましょう!

シェアする

フォローする

follow us in feedly 
error: Content is protected !!