follow us in feedly  

迷っていたNISA口座の運用方法ですが、インデックス積立を続けることにしました

悩み

こんにちは!

NISA口座でインデックス積立を約10ヶ月間行ってきましたが、「この投資を続けることが資産を最も早く増やす方法として正しいのか」ということで、正直とても悩みました。

悩んだ内容は、このままインデックス積立を続けるか、NISA口座なら購入手数料が実質無料になり、税金も優遇される海外ETFを購入する方法にシフトするか、ということについてです。

これについて私の中で納得する答えが出たので、今後NISA口座をどのように活用するかについて、個人的な見解ですが、ご紹介していこうと思います。

同じくNISA口座の資産運用をどのようにするか悩んでいる人にとって、一つの具体例としてお考えいただければ、私も悩んだ甲斐があると、気持ちを切り替えることができます。

税収をスキップできる

ジャンプ

数日考えた結論として、NISA口座ではインデックス積立を続ける、という結果に至りました。

配当が支払われるごとに自動的に約10%課税される海外ETFと(NISA口座)、分配金を出さないで再投資されるインデックスファンドを比べたとき、より早く資産が増えるのは後者と考えたからです。

配当金生活したいなあ」という考えに脳内が埋め尽くされ、海外ETFにシフトしようと考えた日もありましたが、まとまった資産を形成することを目的とするなら、インデックス積立の方が早いという考えです。

私の今現在の目標は配当金生活することではなく、当ブログのタイトル通り、資産1億円を達成することなので、そこをゴールと考えた場合はインデックス積立の方が有利と結論付けました。(配当金生活は憧れています)

まとまった資産ができたあと

大金

そして、インデックス積立でまとまった資金ができたあとは、資産の何割かを海外ETFに回して、配当金生活を目指してもいいのかな、とぼんやり思っています。

とは言ってもしばらく先の話なので、ここら辺について深く考えてはいませんが、インデックス積立で貯まった資産の一部をバンガードのVYMやiシェアーズコアのHDVに回す、ということは、なんとなくですが想像しています。

なぜ配当金生活について触れたかというと、正直私は働くのが好きではありません。働くより遊ぶ方が好きだし、得意です。なので、限られている人生の中で、働く期間を短くしたい。

30歳になるまで積極的に働いて、得た資金を投資に回して、そのあとは遊ぶ時間を増やして、好きなことを好きなだけできる人生にしたいと思っているからです。

まとめ

旅行

というわけで、今後のNISA口座ではインデックス積立を続けるという考えに落ち着きました。

このブログを読んでいる方の中には、「配当金が出るETFの方がいい」と考える方や、「課税されない分インデックス投資の方が有利」と考える方もいると思います。

私は人の意見を聞くのが好きなので、どの意見も尊重しますし、その人が信念を持って行っていることに気安く「NO」を突きつける気も全くありません。

しかし、何も考えずに投資するよりは、あなたなりの考えに基づいて投資することが、投資を長く続ける秘訣かな、とは思いますし、結果として資産形成に繋がると考えています。

今回の記事が、今後のあなたの投資を左右することになれば、インデックス投資を続けるか、海外ETFにシフトするか悩んだ経験が報われると思うので、私はとても嬉しいです。

以上、「迷っていたNISA口座の運用方法ですが、インデックス積立を続けることにしました」でした。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。またお会いしましょう!

シェアする

フォローする

follow us in feedly  
error: Content is protected !!