follow us in feedly  

【保存版】ニッセイ外国株式インデックスファンドについて簡単に調べてみた

ニッセイ外国株式インデックスファンド

こんにちは!

今回は、私が今現在最も積み立て投資を行っているおすすめ投資信託の「ニッセイ外国株式インデックスファンド」について簡単に調べてみました。

ちなみに「ニッセイ外国株式インデックスファンド」は、「Fond of the Year 2016」で1位に選べれているインデックスファンドです。

ブログを運営しているインデックス投資家たちの投票によって選ばれました。

投信ブロガーから選ばれた2016年ナンバーワン投資信託の発表

※今回のブログに書かれている数値は全て、2017221日時点の数字です。

– – – – – 類似記事 – – – – –

iFree・NYダウインデックスについて簡単に調べてみた⬇︎

EXE-i新興国株式ファンドについて簡単に調べてみた⬇︎

EXE-i新興国株式ファンドは投資信託に投資している投資信託

iFree新興国株式インデックスについて簡単に調べてみた⬇︎

– – – – – 類似記事 – – – – –

運用管理費用(信託報酬)は年率0.216%

ニッセイ外国株式インデックスファンドの手数料は、アメリカイギリスを筆頭とする先進国の株式に投資するインデックスファンドの中でも最安値です。

購入時や解約時の手数料もかかりません。

インデックス投資は、手持ちの資金が少なくても、長期保有をして複利の力を最大限に生かせば誰でもお金持ちになれる投資方法です。

10年保有しても2.16%しか手数料がかからない「ニッセイ外国株式インデックスファンド」は、本当に魅力的な投資信託と言えるでしょう。

では続いて、どのような国に投資しているのか、主な「投資国」を覗いてみようと思います。

23の先進国株式に投資

「ニッセイ外国株式インデックスファンド」発表の20171月末の月次レポートより、投資比率の高い上位9カ国をご案内させていただきます。

月次レポートはこちら⬇︎

アメリカ 65.9%

イギリス 7.2%

カナダ (4.0%)

フランス 3.9%

ドイツ 3.7%

スイス 3.5%

オーストラリア 3.0%

香港 1.3%

オランダ 1.3%

アメリカが約3分の2となる65.9%を占めていますね。

次いでイギリス7.2%、カナダ4.0%という結果でした。

それでは次に、個別銘柄の上位を覗いてみましょう。

投資上位10銘柄は全てアメリカ企業

「ニッセイ外国株式インデックスファンド」がどういう企業に投資しているのか、組み入れ上位10銘柄を紹介させていただきます。

アップル 2.1%

マイクロソフト 1.5%

エクソンモービル 1.1%

アマゾンドットコム 1.1%

JPモルガンチェースアンドカンパニー 1.0%

ジョンソンエンドジョンソン 1.0%

フェイスブック 1.0%

ウェルズファーゴアンドカンパニー 0.9%

GE(ゼネラル・エレクトリック) 0.9%

AT&T 0.8%

iPhoneMacbookで有名なアップルが最大の2.1%を占めていますね。

最大でも2.1%なことから、よく分散投資されている好印象を受けました。

今後のインデックスファンド積み立て展望

ここ最近で「ニッセイ外国株式インデックスファンド」を含む4つの投資信託について調べてブログにしました。

2月の積み立て分は、調べた4つの投資信託の中から選んで積み立てようと思っています。

ここだけの話、調べた4つの中でも「ニッセイ外国株式インデックス」は手数料が最も安いので、ほぼ間違いなく積み立て対象として選ばれることになるでしょう。

以上、「ニッセイ外国株式インデックスファンドについて簡単に調べてみた」でした。

またお会いしましょう!

シェアする

フォローする

follow us in feedly  
error: Content is protected !!