follow us in feedly  

【月次レポート読みやすいのはどっち?】ニッセイ外国株式インデックスファンドVSたわらノーロード先進国株式

ニッセイ外国株式インデックスファンド

こんにちは!

当ブログでは以前、私が投資しているインデックスファンドの中から4つを選び、「投資したお金がどのように運用されているのか?」について簡単に調べました。

– – – – – 参考記事 – – – – –

iFree・NYダウインデックスについて簡単に調べてみた

ニッセイ外国株式インデックスファンドについて簡単に調べてみた

こんにちは! 今回は、私が今現在最も積み立て投資を行っているおすすめ投資信託の「ニッセイ外国株式インデックスファンド」について...

iFree新興国株式インデックスについて簡単に調べてみた

EXE-i新興国株式ファンドについて簡単に調べてみた

EXE-i新興国株式ファンドは投資信託に投資している投資信託

– – – – – 参考記事 – – – – –

調べるにあたり、各インデックスファンドが毎月発表する「月次レポート」を参考にしたのですが、「読みやすい」と思う月次レポートもあれば「読みにくい」と思う月次レポートもありました。

そこで今回は、「読みやすい」と感じたインデックスファンドの「月次レポート」を、「投資対象が全く同じ」インデックスファンドの月次レポートと比較しながら発表したいと思います。

題して、読みやすい月次レポートはどっち?「ニッセイ外国株式インデックスファンド」VS「たわらノーロード先進国株式3番勝負!

アメリカを中心とする先進国株式に投資している、「投資先が全く同じ」の両インデックスファンドの月次レポートを比較しながら見ていきましょう!

1番勝負「組入上位10銘柄編」

どこの企業(銘柄)に投資してるの?」を手っ取り早く知りたいときに、真っ先に見るのが「組入上位10銘柄」です。

日本企業で例えると、「ソフトバンク」「ユニクロ」「トヨタ自動車」などが、今回の個別銘柄に該当すると考えてください。

それではまず、「たわらノーロード先進国株式」の月次レポートから見ていきましょう!

たわらノーロード先進国株式

たわらノーロード先進国株式

ちっさ!」というのが正直な第一印象でした。

企業名は全て英語表記ですね。

いかがですか?スムーズに頭に入ってきましたか?

続いて「ニッセイ外国株式インデックスファンド」の月次レポートを見ましょう。

ニッセイ外国株式インデックスファンド

ニッセイ外国株式インデックスファンド

読みやすっ!」というのが第一印象でした。

企業名は全てカタカナ表記ですし、文字サイズも大きいですね。

頭にすっと入ってきませんか?

組入上位10銘柄を見比べていただければ一目瞭然ですが、「投資対象が全く同じ」なので、1位のアップルから10位のAT&Tまで銘柄は全く同じです。

任された仕事だから仕方ない、無難に作ろう」と思うか、「投資家の皆さんが読みやすいように作ろう」と思って仕事をしているのか、ハッキリ言って一目瞭然です。

まとめるのは最後に取っておくとして、1番勝負の勝者は「ニッセイ外国株式インデックスファンド」で間違いありません。

2番&3番勝負「国と地域&業種別組入比率」

どこの国に投資してるの?」というのを調べるときに真っ先に見るのが「国別組入比率」で、「なんの業種に投資してるの?」というときに見るのが「業種別組入比率」です。

例えると、「日本50%、中国30%、アメリカ20%」というのが「国別組入比率」で、「金融業40%、小売業30%、情報技術業30%」というのが「業種別組入比率」です。

それではこちらも、「たわらノーロード先進国株式」の月次レポートから見ていきましょう。

たわらノーロード先進国株式

たわらノーロード先進国株式

なんかごちゃごちゃしてるな〜」というのが正直な私の第一印象でした。

続いて「ニッセイ外国株式インデックスファンド」の月次レポートを見ていきましょう。

ニッセイ外国株式インデックスファンド

ニッセイ外国株式インデックスファンド

見やすいな〜」というのが私の第一印象でした。

シンプルで見やすいし、文字も大きいから疲れない

月次レポートは両方デフォルトのサイズであり、最初にページを開いたときに表示される「ありのままのサイズ」です。

小さいと思ったら調整して」という思いなのか、「最初から見やすいように大きめに作っておこう」という思いなのか、伝わってきますね。

私の価値観によると、2番勝負も3番勝負も「ニッセイ外国株式インデックスファンド」の月次レポートの圧勝です。

月次レポートまとめ

投資対象が全く同じインデックスファンド月次レポートを見比べていただきましたが、いかがだったでしょうか?

私の判断というか、価値観が間違っている可能性も大いにありますので、その場合にはご意見いただければと思います。

今の段階では、作り手の思いがビシビシ伝わってくる「ニッセイ外国株式インデックスファンド」に愛着が湧き、「人の気持ちを考えれる人が作っているんだろうな」という温かい気持ちになりました。

月次レポート一つ読むだけで、作り手が見えてくるとまでは言いませんが、「投資家のことをより考えているのはどちらなのか」ということは判断できます。

引用させていただいた月次レポート⬇︎

たわらノーロード先進国株式

ニッセイ外国株式インデックスファンド

以上、「【月次レポート読みやすいのはどっち?】ニッセイ外国株式インデックスファンドVSたわらノーロード先進国株式」でした。

またお会いしましょう!

シェアする

フォローする

follow us in feedly  
error: Content is protected !!