follow us in feedly  

【13冊目】コミックでわかる20代から1500万円!積み立て投資でお金をふやす(田中唯)

コミックでわかる20代から1500万円!積み立て投資でお金をふやす

こんにちは!

ここ最近、から立て続けに呼び出され、から「今から買い物行くから荷物持って」と、から「このあとバイトだから車で送って」と、完全な使いっ走りにされました。

(でもこういうの、嫌いじゃない)

申し遅れました。

わたくし当ブログの専属先鋭ライター(1人しかおらんから好き勝手言っとけ)兼、都合のいい男日本代表候補のFat-catと申します。

以後お見知り置きを。

さて、自己紹介を終えたところで本題に移ります。

まず始めに、この本を購入するに至った経緯ですが…

「20代から1,500万?!?!」

1. タイトルに興味を持つ

「5つ星中4.5?!高評価じゃん」

2. Amazonレビュー高評価

「648円で135ポイント還元?!?!」

3. Kindle版安い+20%ポイント還元

「読も」

4. ぽちっ(GET)

購入に至るまでの思考回路を言葉にしました。

女性のみなさん、男ってやつは単純なんです。

理解は求めていません。

「そういうイキモノもいるんだ」と優しく見守りください。

コミックでわかる20代から1500万円!積み立て投資でお金をふやす

読み終えた直後の感想と意見です。

著者の田中唯さんが1番伝えたいこと

暮らしを豊かにするためには「投資」!

(コミックでわかる20代から1500万円!積み立て投資でお金をふやす)より

冒頭の「はじめに」に書かれている言葉で、著者の田中唯さんが1番伝えたいことでもある。

投資をする理由は人それぞれ必ずあるはずですが、私の理由は次の通りです。

「生活に使わない余っているお金を金利の低い銀行口座(0.02%)に預けておくより、どこまで利回りを高めることができるか試した方が自己成長にも結びつき、おもしろそうだから」

私自身、インデックスファンド積立投資を始めるまで、投資のことに関しては全くの素人でした。

「インデックス投資ってなに?」「TOPIXってなに?」

正直に話しますが、本当にこんな悲惨な状態だったので、「このままで大丈夫かな」と、不安だったことも事実です。

そしてこの記事を読んでもらえば一目瞭然ですが、積立投資を始めて3ヶ月目の今現在の利回りは2.55%でした⬇︎

2017年2月28日追記 - - - - -追記ここから - - - - - 2017年2月最新版更新 -...

投資している理由、これから始めたい理由を皆さんお持ちでしょうが、田中唯さんが提唱しているのは、暮らしを豊かにすることを目的とした投資です。

Amazonレビュー

Amazonレビュー

投資信託の手数料について違和感MAX

 ただ、覚えておかなくてはならないのが、運用期間中は、運用してくれているプロに支払う給料(信託報酬)として、運用残高に対して毎年0.1~2%程度の手数料を支払う必要があります。
もうひとつ、投資信託の場合は、購入した銀行や証券会社といった金融機関には、投資元本に対して0~3%程度の販売手数料を支払う必要があるのも頭の片隅に置いておいてください。

(コミックでわかる20代から1500万円!積み立て投資でお金をふやす)より

「投資は5年10年30年という長い時間をかけてやるもの」と、書いているのにもかかわらず、手数料の上限が高いのはナゼだろう?

信託報酬は日割りで毎日引かれる手数料ですので、損しているときも、儲かっているときも、日々自動的に引かれていきます。

つい先月に私が積み立てた4つの投資信託ですが、最も信託報酬が高くて税込0.394%、販売手数料に関しては全て0%、つまり無料です。

先月積み立てた投資信託(参考記事)⬇︎

ニッセイさん...「最高かよ!」←結論

保有している9つの投資信託に対して販売手数料を支払ったことはありません。

保有投資信託(参考記事)⬇︎

2017年2月28日追記 - - - - -追記ここから - - - - - 2017年2月最新版更新 -...

私も田中唯さんと同じく、長期保有を前提としているので、信託報酬が安い上に、販売手数料の低い、できれば無料の投資信託を選んでいます。

その理由は、「削減できた信託報酬や販売手数料は、元本となり利回りに貢献されるから」です。

2%とは言わないまでも、その半分の1~2%の信託報酬、そして販売手数料に関しては支払う意味はどこにあるのか、本当に支払う価値があるのか疑問を感じました。

以上、「コミックでわかる20代から1500万円!積み立て投資でお金をふやす」を読んだ感想と意見でした。

PS

この本を読んで、「販売手数料を支払う価値が本当にあるか」の答えに近づきたくなったので、インデックスファンド以外の投資信託についての本を何冊か読みます。

またお会いしましょう!

シェアする

フォローする

follow us in feedly  
error: Content is protected !!