follow us in feedly  

10万円を投資信託、海外ETF、米国株式にそれぞれ投資するとしたら

インデックスファンド

さあ、想像してみてください。あなたの手元に余裕のあるお金が10万円あります。どのように投資しますか?

すでにあなたなりの答えを持っているなら、それは素晴らしいことです。十中八九あなたは金融リテラシーの高い人なので、いざ退職金を貰っても、遺産が転がり込んできても、運よく宝くじが当たっても、上手に運用できるでしょう。

今回はいま手元に自由に使える10万円があると仮定し、これを楽天証券のNISA口座から投資信託、ETF、米国株式にそれぞれ投資する場合をシュミレーションしていきます。

10万円を投資信託に投資するケース

グローバル社会

最初は10万を投資信託に投資するシュミレーションです。

S&P500指数連動型インデックスファンドで信託報酬がMSCI指数連動型インデックスファンド以下のものがあれば最適解なのですが、今現在ありませんのでMSCI指数連動型インデックスファンドの中から最も信託報酬の安いものに投資します。

「eMAXIS Slim先進国株式インデックス」と「iFree外国株式インデックス」が0.2052%で横並びですが、前者の方が将来的に信託報酬が引き下がる可能性が高いので、10万円を投資信託に投資する場合は「eMAXIS Slim先進国株式インデックス」に全て投資します。

こんにちは! 今回のブログでは2017年2月27日に開設されたばかりのeMAXIS Slime先進国株式インデックスについて簡...

10万円を海外ETFに投資するケース

アメリカ

次は10万を海外ETFに投資するシュミレーションです。

S&P500指数連動型ETFの「VOO」か「IVV」のどちらかですが、資金10万円の場合VOOなら4株買えるのに対してIVVなら3株しか買えませんので、資金をより多く活用できる「VOO」を4株購入します。

世界大富豪ランキング2017でビルゲイツに次いで2位にランクインした投資家のウォーレンバフェットは、彼の死後は彼の資産のうち90%をS&P500指数連動型のETFに投資するように彼の妻に伝えている程です。

楽天証券のNISA口座内で海外ETFを注文すると手数料が全額キャッシュバックされるため、購入手数料は0円としています。

10年以上前の解説ですがVOOとは⬇︎

10万円を米国株式に投資するケース

iFree・NYダウインデックス

最後は10万を米国株式に投資するシュミレーションです。

「フェイスブック」の株価が1株あたり$170なので5株注文できます。これに楽天証券の米国株式手数料(約定代金の0.45%)を合わせると大体10万円くらいになるので、10万円を米国株式に投資する場合は「フェイスブック」に全て投資します。

フェイスブックを開発してインスタグラムを早いうちに買収した先見の明を持つ経営者がいるというだけでも投資する価値があるのに、そんな経営者を筆頭にまとめているサービス(フェイスブック、メッセンジャー、インスタグラム、ワッツアップ)にも魅力を感じているからです。

まとめ

インデックスファンド

投資信託、海外ETF、米国株式にそれぞれ10万円を投資するシュミレーションをしてみましたが、いかがでしたでしょうか?

10万円の投資がイメージできれば資金が100万円に増えても大丈夫でしょう。退職金や遺産、宝くじで大金を手にしても資産運用できるはずです。

宝くじで数億円当たったのに2年で使い切ったという話を聞きますが、これは金融の教養の問題であり、同じことが退職金や遺産を手にした後でも起こり得ます。

英語を話せるようになりたいなら留学するのが効率いいように、金融リテラシーを高めるためには投資することが効率いいです。

投資に大金は必要ありません。毎月1万円ずつの積立投資を1年続ければ金融リテラシーは最低限身につきます。

私のブログを読んでいるあなたは、インデックス投資で成功する秘訣を知っています。あとはあなた次第です。

以上、「10万円を投資信託、海外ETF、米国株式にそれぞれ投資するとしたら」でした。最後までお付き合い頂きありがとうございます。

シェアする

フォローする

follow us in feedly  
error: Content is protected !!