follow us in feedly  

笑えるものから骨に沁みるものまで。金融や投資に関する偉人の名言まとめてみた

金融や投資の名言まとめ

強靭な精神力をお持ちの投資家の皆さんは少々の皮肉を浴びても気にも留めないと思いますが、今回はくすっと笑えるのが1割弱で残りは目を背けたくなるものばかり。

金融投資に身を置いた偉人たちのウィットに富んだ名言をお楽しみください。

オスカー・ワイルド

この世の中で全ての値段を知っていながら、1つとしてその価値を分かっていない者ほど皮肉なことはない。(ウィンダミア夫人の扇)より

マーク・トゥエイン

10月は株式投機を行うには、特に危険な月の1つである。それ以外にも特に危険な月としては、7月、1月、9月、4月、11月、5月、3月、6月、12月、8月、2月があげられる。(間抜けのウィルソン)より

ルイス・キャロル

教訓はどこにでも転がっているさ、あんたが見つけようとさえすれば。(不思議の国のアリス)より

ラドヤード・キプリング

周りの人が皆、理性を失って浮かれている時に冷静でいられるなら、すべてはあなたのものだ。(if)より

ラ・ロシュフコー

人間が神から授かった力の中で最も大切なものは、ものの本当の価値を見分ける能力である。(反省録)より

ギルバード&サリバン

物事の本質が外見通りであることは滅多にない。例えば、クリームだと思ったら、実はスキムミルクであったなどということは、大して珍しいことではない。(HMSピナフォー)より

ジョン・F・ケネディ

専門家を信じるという間違いを、何度繰り返したことだろう。(ピックス湾の大失敗のあとに)

ポール・サミュエルソン

仮に、多数の優秀な人々が、過大評価されている銘柄を売ったり、過小評価されている銘柄を買ったりする機会を常に探し回っているとしよう。各人がこうした行動をとる結果、現在の株価は将来の見通しを適正に割り引いていることになるだろう。したがって、自ら積極的に銘柄選択を行わないパッシブ(消極的)な投資家でも、現在の株価で買えば、様々な情報を分析した投資家と全く変わらない結果が得られることになる。こうした投資家から見れば、偶然も他の複雑な銘柄選択手法も大して違いはないのである。(ウォール街のランダムウォーカー)より

ベンジャミン・グレアム

もはや、どんなに精巧な証券分析テクニックを用いても、他人より優れたリターンを得ることはできないのかもしれない。こうしたテクニックは、証券分析の本が最初に出版された40年前には確かに実りの多い行為だった。しかし、状況は変わってしまった。今日では、多大な努力を費やして分析を行ったとしても、そのために必要なコストに見合った銘柄選択の効果を上がられるかどうかは疑問だ。(ファイナンシャルアナリストジャーナルのインタビュー)より

ジョン・M・ケインズ

どのような知的影響とも無縁であると自ら信じている実際家たちも、過去のある経済学者の奴隷であるのが普通である。権力の座にあって天声を聞くと称する狂人たちも、数年前のある三文学者から彼らの気違いじみた考えを引き出しているのである。(雇用、利子および貨幣の一般理論)より

ジョージ・J・スティグラー

2回に1回しか正しくない理論は、コイン投げよりも非経済的だ。(価格論)より

メイヤー・スタットマン

行動ファイナンスは伝統的なファイナンス理論の一分野ではない。それより正しい人間関係の上に立った、伝統的理論に取って代わる新しい理論なのだ。

J・ケンフォード

財産の運用を考える際に、どれだけを金利収入で確保したいのかは、贅沢な食事をしたいのか、それとも安眠したいのかによって決まる。(私の信条)より

トーマス・マコーレイ

過去をあまりに知りすぎている人は、えてして現在に関して必要以上に批判的になったり、悲観的になったりするものだ。(英国史)より

マーク・トゥエイン

人生で投機に走ってはいけない時期が2つある。1つはお金があるときで、もう1つはお金がないときである。(赤道伝いに)より

チャールズ・ディケンズ

収入が20ポンドで支出が19.96ポンドなら、人生は天国。収入が20ポンドで支出が20.06ポンドなら、人生は地獄。(デイヴィッド・コパフィールド)より

シェアする

フォローする

follow us in feedly  
error: Content is protected !!