follow us in feedly  

【保存版】EXE-i新興国株式ファンドについて簡単に調べてみた

EXE-i新興国株式ファンド

こんにちは!

今回は、私も保有している「EXE-i新興国株式ファンド」について簡単に調べてみました。

調べてみようと思ったきっかけは、「自分の投資したお金がどのように使われているのか知りたい」と思ったからです。

※数字は全て税込で、2017218日時点の数値

– – – – 類似記事 – – – –

ニッセイ外国株式インデックスファンドについて簡単に調べてみた⬇︎

こんにちは! 今回は、私が今現在最も積み立て投資を行っているおすすめ投資信託の「ニッセイ外国株式インデックスファンド」について...

iFree・NYダウインデックスについて簡単に調べてみた⬇︎

iFree新興国株式ファンドについて簡単に調べてみた⬇︎

– – – – 類似記事 – – – –

運用管理費用(信託報酬)は0.3794%/年

新興国株式に0.3794%で投資できるなら少額積み立ててみよう。」と思って積立を始めました。

中国やブラジル等が対象の新興国と、アメリカやイギリス等が対象の先進国を比べると、多くの場合には新興国に投資する投資信託の手数料の方が高いです。

手数料に関して「高い」と思うか「安い」と思うかは個人の価値観を尊重する考えですが、0.3794%という数字は、私にとって「ギリギリ許容範囲かな」という価値観です。

20カ国以上の新興国に分散投資

世界基準の言い方をすると、「FTSEエマージングインデックス」って言うらしいです。

長くて覚えれないので、「世界20カ国以上の新興国」という風に置き換えました。

次は20以上ある投資対象新興国の中から、最も投資している国トップ10を箇条書きしていきます。

EXE-i新興国株式ファンドが投資している国トップ10

1位はどこの国だと思いますか?

ロシア?インド?中国?

では、早速ご案内させていただきます。

[10位3.43%]マレーシア

[9位3.65%]タイ

[8位4.19%]メキシコ

[7位5.01%]香港

[6位5.16%]ロシア

[5位8.58%]南アフリカ

[4位9.82%]ブラジル

[3位11.46%]インド

[2位14.40%]台湾

[1位20.54%]中国

投資信託に投資している投資信託

難しいと思ったらここはスキップしてください。

さて、投資国が分かったので、次は個別銘柄を発表したいところですが、EXE-i新興国株式ファンドは個別銘柄に直接投資していません。

EXE-i新興国株式ファンドという投資信託が、新興国に投資する投資信託に投資していると聞くと、思わず「はっ?」と言ってしまいそうですが、流れは以下の通り簡単です。

EXE-i新興国株式ファンド→新興国に投資する投資信託→個別銘柄

世界基準の言い方をすると「ファンドオブファンズ」って言うらしいです。

投資信託が投資信託に投資するってことは手数料2重?!」と思った方は勘が鋭すぎる。

まさにその通り!!

しかし、EXE-i新興国株式ファンドの場合は新興国に投資するファンドオブファンズにもかかわらず手数料が0.3794%です。

べらぼうに高いわけではないことから、悩み込むほど考えることではないと判断し、「難しいと思った方はスキップしてください」と書きました。

EXE-i新興国株式ファンド→新興国に投資する投資信託→個別銘柄

っていう順番に投資しているんだなあ」と、なんとなく頭に入ってれば十分ですし、入っていなくても投資の結果に変わりはありません。

個別銘柄トップ10

EXE-i新興国株式ファンドが投資している個別銘柄トップ10をご案内いたします。

1つ上の「投資信託に投資している投資信託」を読んでいただいた方、ここでいう個別銘柄とは先ほど述べた個別銘柄の部分です。

EXE-i新興国株式ファンド→新興国に投資する投資信託→個別銘柄

では、早速ご案内させていただきます。

[10位0.88%]HDFC銀行(インド)

[9位0.96%]中国銀行(中国)

[8位1.05%]イタウ・ウニバンコ(ブラジル)

[7位1.13%]フォックスコン(台湾)

[6位1.24%]中国工商銀行(中国)

[5位1.69%]中国移動通信(中国)

[4位1.89%]中国建設銀行(中国)

[3位1.90%]ナスパース(南アフリカ)

[2位%3.97]テンセント(中国)

[1位4.06%]台湾セミコンダクター(台湾)

投資している業種トップ10

長文にお付き合いただきありがとうございました。

業種トップ10の発表をもちまして、今回の記事に区切りをつけさせていただきます。

では、早速ご案内させていただきます。

[10位2.69%]ヘルスケア

[9位3.57%]公共事業

[8位6.40%]資本財・サービス

[7位6.54%]電気通信サービス

[6位7.13%]生活必需品

[5位8.61%]一般消費財・サービス

[4位8.94%]素材

[3位9.70%]エネルギー

[2位15.99%]情報技術

[1位26.95%]金融

長文にもかかわらず最後までお付き合いいただきありがとうございます

以上、「EXE-i新興国株式ファンドについて簡単に調べてみた」でした。

またお会いしましょう!

シェアする

フォローする

follow us in feedly  
error: Content is protected !!