follow us in feedly  

eMAXIS Slime先進国株式インデックスについて簡単に調べてみた

eMAXIS Slime

こんにちは!

今回のブログでは2017年2月27日に開設されたばかりのeMAXIS Slime先進国株式インデックスについて簡単に調べてみようと思います。

私も3月に積立投資をしたインデックスファンドですので、投資対象のことを知るいい機会と考えておりますし、eMAXIS Slime先進国株式インデックスについて知りたいという読者の助けになれば嬉しいです。

3月の積立投資の様子はこちら⬇︎

アメリカ株式中心(先進国)の投資スタイルになりつつある。同時に、新興国株式インデックスファンドへの投資インフラは遅れていると実感しています。

簡単に調べてみたシリーズ⬇︎

こんにちは! 今回は、私が今現在最も積み立て投資を行っているおすすめ投資信託の「ニッセイ外国株式インデックスファンド」について...

EXE-i新興国株式ファンドは投資信託に投資している投資信託

運用管理費用0.216%

運用管理費用

(目論見書より引用)

運用管理費用とは信託報酬のことで、保有している間にかかる年間手数料のことです。

例えば運用管理費用2%の投資信託を100万円保有していた場合は年間2万円、1,000万円保有していた場合は20万円が自動的に差し引かれます。

運用管理費用0.2%の投資信託を保有していた場合は100万円あたり2千円、1,000万円あたり2万円ということになりますね。

今現在のeMAXIS Slime先進国株式インデックスの運用管理費用は0.216%で、先進国株式に投資するインデックスファンドの中で最安値です。

今の時点で最も安い運用管理費用を誇っているのですが、ファンドにお金が集まると更に手数料が下がります。

投資国

組み入れ上位10ヶ国

(月次レポートより引用)

続いてはeMAXIS Slime先進国株式インデックスがどの国に投資しているのかを見ていきしょう。グラフの通りですが、一応書き綴っていきます。

アメリカ 65.73%

イギリス 7.17%

カナダ 3.94%

フランス 3.92%

ドイツ 3.77%

スイス 3.50%

オーストラリア 3.07%

オランダ 1.38%

スペイン 1.33%

香港 1.29%

アメリカが圧倒的に投資国として選ばれているのがわかりますね。2位のイギリスとの差は約9倍もありました。

投資企業

組み入れ上位15銘柄

(月次レポートより引用)

先ほどの資料でアメリカが最も投資を集めているというのがわかりましたね。次は企業別に上位15銘柄を見ていきましょう。

アップル 2.27%

マイクロソフト 1.43%

アマゾン 1.04%

エクソンモービル 1.02%

ジョンソンエンドジョンソン 1.00%

フェイスブック 0.98%

JPモルガンチェース 0.94%

ウェルズファーゴ 0.79%

ゼネレルエレクトリック 0.78%

アルファベット 0.76%

バンクオブアメリカ 0.71%

ネスレ 0.71%

プロクターアンドギャンブル 0.68%

数字だけ見てもイメージがわかないという方もいると思います。

もしeMAXIS Slime先進国株式インデックスに100万円投資したら、アップルに22,700円、マイクロソフトに14,300円、アマゾンに10,400円、エクソンモービルに10,200円、ジョンソンエンドジョンソンに10,000円、フェイスブックに9,800円という風になります。

まとめ

というわけで、簡単にではありますが、投資対象のeMAXIS Slime先進国株式インデックスについて知ることができました。

そして、読者の方でeMAXIS Slime先進国株式インデックスについて知らなかったけど、この記事を読んで少しは理解したという方が一人でもいれば嬉しいです。

以上、「eMAXIS Slime先進国株式インデックスについて簡単に調べてみた」でした。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。またお会いしましょう!

シェアする

フォローする

follow us in feedly  
error: Content is protected !!