follow us in feedly  

【今買うならこれ】eMAXIS Slim先進国株式インデックス最新月次レポート

eMAXIS Slim先進国株式インデックス月次レポート

こんにちは!

この記事を書いている時点で私のポートフォリオの68.12%を占めているeMAXIS Slim先進国株式インデックスの最新月次レポートが発表されたので目を通していきます。

理由は最後に書いてありますが、eMAXIS Slim先進国株式インデックスはいま日本に存在するインデックスファンドの中で最も条件のいい投資信託(インデックスファンド)だと思っています。

純資産総額

純資産総額

eMAXIS Slim先進国株式インデックスは、純資産総額が増えてある一定の金額に達すると信託報酬が安くなる仕組みを採用しています。

7月末時点で9億6千6百万円だった純資産総額は8月末時点で14億3百万円にまで成長し、1ヶ月の間に4億3千7百万円も増えたことになります。(1日あたり約1千4百万円)

投資家に有利な信託報酬の安い金融商品を選べる人が増えてきていますね。ここから更にギアを上げて9月末時点では純資産総額20億円(1日あたり2千万円)を突破することを願いましょう♪

組み入れ上位15銘柄

組み入れ上位15銘柄

eMAXIS Slim先進国株式インデックスはアメリカ株式に約65%を割いているので、組み入れ上位15銘柄のほとんどはアメリカ企業で占められています。

そしてトップ5は上からアップル、マイクロソフト、フェイスブック、アマゾン、ジョンソン&ジョンソンと、時価総額の非常に高い企業が名を連ねていますね。

地球を代表する企業の株式を購入手数料無料、年間手数料税込0.216%で保有できることを改めて幸せに思います。

まとめ

eMAXIS Slim先進国株式インデックス月次レポート

基準額総額と純資産総額は右肩上がり、将来的に信託報酬が更に安くなる、時価総額の高い地球代表企業に投資される。

月次レポートに目を通すことでeMAXIS Slim先進国株式インデックスは本当に優秀なインデックスファンドだと再認識する形になりました。

競合のiFree外国株式インデックスが信託報酬を0.2052%(税込)に引き下げることを発表しましたが、その信託報酬が適用されるのは10月2日からなので、それまではeMAXIS Slim先進国株式インデックスへの積立投資を続けます。

以上、「【今買うならこれ】eMAXIS Slim先進国株式インデックス最新月次レポート」でした。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。またお会いしましょう。

シェアする

フォローする

follow us in feedly  
error: Content is protected !!