follow us in feedly  

【保存版】iFree・NYダウインデックスについて簡単に調べてみた

iFree・NYダウインデックス

こんにちは!

今回の記事は、私も保有しているiFree・NYダウインデックスについてのお話です。

投資しているお金がどのように使われているのか気になったので、iFree・NYダウインデックスの20171月末までの月次レポートを見ながらまとめました。

– – – – 類似記事 – – – –

ニッセイ外国株式インデックスファンドについて簡単に調べてみた⬇︎

こんにちは! 今回は、私が今現在最も積み立て投資を行っているおすすめ投資信託の「ニッセイ外国株式インデックスファンド」について...

EXE-i新興国ファンドについて簡単に調べてみた⬇︎

EXE-i新興国株式ファンドは投資信託に投資している投資信託

iFree新興国株式ファンドについて簡単に調べてみた⬇︎

– – – – 類似記事 – – – –

投資先は100%アメリカ

iFree・NYダウインデックスの投資先は100%アメリカです🇺🇸

アメリカに投資したい」と思えば投資対象になる反面、「アメリカに集中しすぎいる」と思えば投資対象から外れるでしょう。

ベンチマークはダウ・ジョーンズ工業株価平均

それぞれの業種から代表的な銘柄を選抜して平均した指数がダウ・ジョーンズ工業株価平均で、日本では「ニューヨーク・ダウ」や「ダウ平均」と呼ばれています。

例1. コンピューター業→アップル

例2. 半導体業→インテル

例3. 飲料業→コカコーラ

実は開設されてから6ヶ月未満のファンド

iFree・NYダウインデックスは201698日に開設された比較的新しいファンドです。

委託会社→大和証券投資信託委託株式会社

受託会社→みずほ信託銀行株式会社

運用管理費用(信託報酬)は年率0.243%

iFree・NYダウインデックスに投資する手数料は、保有額に対して年間0.225%(税抜)です。

委託会社→0.12%/年

販売会社→0.08%/年

受託会社→0.025%/年

(税抜き0.225%=税込み0.243%)

「購入時」と「解約時」に手数料は一切かかりません。

トップはゴールドマン・サックス7.3%

いよいよ、iFree・NYダウインデックスが投資している銘柄トップ8の発表!

※()の中は業種

※順位の横の数字は比率

[8位3.8%]アップル(コンピューター)

[7位3.9%]マクドナルド(外食)

[6位4.3%]ホームデポ(小売)

[5位5.1%]ユナイテッドヘルス(保険)

[4位5.2%]ボーイング(航空機)

[2位5.5%]スリーエム(化学)

[2位5.5%]アイビーエム(コンピューター)

[1位7.3%]ゴールドマンサックス(金融)

以上、「iFree・NYダウインデックスについて簡単に調べてみた」でした。

またお会いしましょう!

PS

数値は全て、2017213日時点のものです。

シェアする

フォローする

follow us in feedly  
error: Content is protected !!