follow us in feedly  

楽天証券で米国株式とETFを購入するときの手数料はいくら?

楽天証券米国株式ETF手数料

こんにちは!

あなたはアップル、フェイスブック、マイクロソフトやアルファベット(旧グーグル)といった米国株式を購入しようと考えたことはありませんか?

そんなあなたに朗報です!楽天証券は2017年9月25日から米国株式とETFの取引手数料を業界最安値水準に引き下げると発表しました。

「具体的に楽天証券で米国株式とETFを購入する場合いくら必要なのか?」詳しく確認していきたいと思います!

新手数料は約定代金の0.45%

旧手数料と新手数料

2017年9月25日から新たに設定される手数料は約定代金の0.45%となっており、下限が5ドルで上限が20ドルです。

この手数料は楽天証券で購入できる全ての米国株式とETFが対象です。

具体的な手数料

米国株式手数料

「約定代金の0.45%って言われてもイマイチ想像つかない」という私みたいな方向けの資料が上の画像です。

これで具体的な数字が掴めたと思います。約定代金の0.45%ということなので、購入時はもちろんのこと、「売却時にも同額の手数料がかかる」ことを頭の片隅に置いてください。

上の画像は楽天証券のホームページから引用したので、引用先のURLを下に貼っておきます⬇︎

まとめ

手数料改善

「ぼったくり」と思うほどに高かった手数料が大幅に改善され、手数料が原因で米国株式とETFを避けていた投資家や投資家予備軍に追い風が吹いています。

今回の改善を受けてアップル、マイクロソフト、アマゾン、フェイスブックといった時価総額の高い世界を代表する一流企業の株も手が届きやすくなりました。

マイクロソフトは1万円程度、アップルとフェイスブックは2万円程度から購入できるので、あなたのポートフォリオに立候補させてみてはいかがでしょうか。

以上、「楽天証券で米国株式とETFを購入するときの手数料はいくら?」でした。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。またお会いしましょう!

シェアする

フォローする

follow us in feedly  
error: Content is protected !!